VIVA!日常

毎日を楽しく生きる!をモットーの主婦の日記 (いま好きなことは世界の料理・映画・ビーズ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王妃の紋章

080109_ouhinomonsho_main[1]

王妃の紋章を見ました。

監督は チャン・イー・モウ
中国 後唐の時代の王家のお話。(作ったお話)


絶対的な権力の持ち主である王様はチョウ・ユンファ (王様と私などに主演)
病気がちで薬を飲み続けている美しい王妃はコンリー (SAYURIに主演)
向かって右の頭をかしげてるのは 皇太子(前妃の息子):リウ・イェ(山の郵便配達に出演)
王妃の左二人が王子。武力を見込まれている二男と まだ15才くらいの三男。
  

この写真1枚からも想像できますように 
絢爛豪華な衣装や宮中の様子がステキでした。

金色の柱、豪華なじゅうたんなどを ため息をつきながら見ました。 

この王家の人々が 菊の節句「重陽節」に集まるのですが
不穏な空気が渦巻くのです。

ストーリーは 最後のエンドロールになるまで
話がどう展開していくのかと息が抜けませんでした。


映画を見ながら へえええと感心していました。

先日 韓国へ行って、韓国から日本に伝わったものが
けっこうあるなあと思いましたが
今回の映画を見ても 中国から日本に伝わったものが
多いなあと思いました。

日本独自の文化のようなつもりでいたけれど
忍者や、大奥 菊が高貴な特別な花…
など 中国伝来のものだったのでしょうね。

映像やストーリーを楽しみながら見られた映画です。
スポンサーサイト

*Comment

 

農民が食べ物にも困っている時代にも、この豪華さですね。
うしろの女官たちの服装に??ですが。
綺麗な台紙ですね~。
  • posted by kazuyoo60 
  • URL 
  • 2008.04/16 10:13分 
  • [Edit]

こんにちは 

韓国に行かれましたか?今回訪れた沖縄はやはり、中国、韓国の影響を受けた文化のように感じました。
  • posted by 多摩 
  • URL 
  • 2008.04/16 14:30分 
  • [Edit]

観ました! 

香菜さん
私も今日、観てきましたよ~~
ほんと、ため息でしたね。
まばゆいばかりの黄金色、衣擦れの音
圧巻でした~~
戦いの場面はちょっと恐かったけど・・・
  • posted by niko 
  • URL 
  • 2008.04/16 21:25分 
  • [Edit]

kazuyoo60さん 

お返事遅れてすみませんでした。

この映画は作ったお話ですが、後唐は良くなかったようですね。
いつの世も庶民のことを考えない王はダメですねえ。
服装は現代の感覚で作られたのか、昔もこんなんだったのか
わかりませんが、胸元に目がいってしまう衣装でした。

FC2は台紙がかわいらしいです。ありがとうございます。
  • posted by 香菜 
  • URL 
  • 2008.04/17 07:49分 
  • [Edit]

多摩さん 

韓国も中国も1度きりです。
多摩さんみたいに 何度も外国を訪問したいです。
「食」は楽しいです。
先日、ブラジル料理を食べたら、豚の耳や足が入ってました。
沖縄みたい!と思いました。
  • posted by 香菜 
  • URL 
  • 2008.04/17 08:20分 
  • [Edit]

nikoさん 

おお!やったぁ~!
nikoさんも同じ映画を見られたんですね。 

うっとりしたり ドキドキしたり……
とても楽しめた映画でしたよね♪

千葉で一番近い映画館を見つけなくっちゃと思います。
  • posted by 香菜 
  • URL 
  • 2008.04/17 08:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://pakuti.blog60.fc2.com/tb.php/449-c31a748c

Menu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

香菜(kana)

Author:香菜(kana)
愛知に住んでいましたが、
春に夫の転勤のため
習志野に転居しました。
でも、夏までは 行ったり
来たりの生活が続きます。

<お知らせ>
管理人の独断と偏見により、
コメントを寄せていただいた方に
断りなく削除することがあるかも
しれません。
ご理解のほどよろしくお願い
申し上げます。

最新の記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。